ログイン

カレンダー

2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

トレンドタウン美容研究部

トレンドタウン美容研究部TOP » 化粧品の消費期限に要注意!?

化粧品の消費期限に要注意!?

皆さんは普段化粧品を、どうやって断捨離していますか?

「この色また使うかも…」「限定品で高かったし、来年も使えばいいよね」「残ってるしもったいない!!」まさに化粧品あるある!(私だけ…?)

実は化粧品やスキンケア用品にも、消費期限があるんです。
スキンケアをきちんとしていても、消費期限を通り越したアイテムを使ってしまった結果、肌トラブルを招く恐れが…!!!

そこで今回は化粧品の使い切る目安などを一緒に勉強しましょう!

そもそも消費期限ってあるの??
化粧品の使いきり目安はこれ位!
残ってしまったらリサイクル!? 









未開封のままで3年









そもそも消費期限ってあるの??
一般的に販売されている化粧品の殆どには消費期限が明記されていません。

これは薬事法の第61条内「使用の期限」のなかで「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」については 実験の上で使用期限を明記することが義務付けられているのですが、明記されていないということは、3年は保証されている、ということ。

じゃあ開封後でも3年は使えるんじゃないの??ってなりそうですが、これがそうでもないんです。
あくまでも、「未開封で適切な保存条件」にあることが大事ですし、開封すると空気に触れて「酸化」したり、素手で触ったりブラシで触れるものなので、綺麗な状態を保てるというわけでは無いからです。

コチラの記事でもお話したように、メイク用品は雑菌だらけになってしまいますし、素手なんて、無菌であることなんてほぼありえません。空気に触れ、手やブラシで触ってしまった所から少しずつ劣化は始まっているわけですね。

またメイクアイテムとちがい、液体やジェル状のスキンケアアイテムに関しては成分の沈殿や、分離もありえますし、保管場所が温度の高い場所や、日の当たる場所になっていると性質が変化してしまう可能性は十分に考えられるのです。

未開封でもきっちり3年も保管しておかずに購入後は早めに使うのがベスト。
少しの期間、保管する場合も説明をしっかり読んで適切に保管してくださいね。使用中のものもなるべく冷暗所に保管しましょう。

こういった酸素に触れにくいポンプを採用しているコスメもオススメです。









化粧品の使い切り目安はこれくらい









化粧品の使いきり目安はこれ位!
化粧水や美容液などのスキンケアアイテム
→ 2ヶ月から1シーズン
こちらは基本的に2ヶ月分程度の分量が入っている事が多いので、基本的にはそこで使いきるようにしましょう。 少なくとも、1シーズンを目安にするといいですね。日焼け止めなども、そのシーズンで使い切るようにしましょう。

またスキンケアアイテムには水分が多く含まれるものが多いので、雑菌が繁殖をしやすいことから、いくら奮発して買った化粧水でも半年以上の時間をかけてチビチビ使うなんてことはもってのほかですよ!

ファンデーションやアイシャドウなどのコスメアイテム
→ 1シーズンから2年
こちらのアイテムは水分が含まれないことから、1年から2年程度は持ちます。口紅なども1年程度は問題ありません。ただし、ブラシやチップを清潔に保つ事が大切です。

リキッドファンデーションや下地のように水分を多く含むものは、スキンケアアイテムと同様に、1シーズンまで、と考えておきましょう。

また、通常のパウダーファンデーションも、空気と触れ合う面が大きいので劣化しやすく、こちらも1シーズンを目安にしておく方がベターです♪

要注意1☆マスカラや目元美容液
→ 3ヶ月!
本体へブラシを出し入れする上に、あまりブラシの替えが効かないこれらのアイテムは、雑菌が繁殖しやすい環境にあります。 目元に塗るものなので、眼病などの原因にもなる可能性も。なのでこれらについては3ヶ月を目安に使いきりましょう。

要注意2☆無添加&防腐剤フリーアイテム ナチュラル志向の昨今、無添加や防腐剤フリーのアイテムも増えてきました。
お肌には優しいのですが、それ故に中身が傷んでしまいやすいという事。こういったアイテムに関しては、きちんと保管場所にも気を使い、早く使い切るように心がけましょう。

コスメアイテムは一箇所にまとめて冷暗所に保管!
こういったコンテナーがオススメです♪









残ってしまったらリサイクル









残ってしまったらリサイクル!?
ちょこっと残ってしまった化粧品をそのままポイしちゃうのはもったいない!というアナタ!そんな時はこんな使い方はいかがでしょう??

・日焼け止めなどの翌年くりこし分 こちらはまずパッチテストを行い、異常がでなければ脚の甲など、目立たない部分に使ってみては?

・乳液のちょい残し分など… ヘアケア用に変身!髪のパサつきや静電気対策に。べったりつけすぎないように注意。(笑)
また、パッチテストを行った上で、皮の厚いカカトのケアや肘や膝のケ用としても活用できる事も。

意外な使い方としては、鞄やパンプスの汚れ落としにもGood!ツヤも出ますよ♪
ただし、革製品などは目立たない所でテストを行ってくださいね!
もちろん、布製品にはオススメ出来ません。(笑)

・化粧品も大変身! 化粧台や洗面台の鏡の掃除に♪
コットンに含ませてから使いましょう。
くもり止めの効果も期待できるかも!?

またこちらも水で薄めてミスト系のスプレー容器に入れれば
ヘアウォーターに早変わり♪

いかがでしたか?
お肌に直接触れるものだからこそ、きちんと管理をしていきたいですよね♪化粧水などは、ボトルに使い始めの日を記入したりすると管理がグンと楽になります。

お化粧品のリサイクルもオススメなので、古くなったモノでなくても、ちょっと合わない、失敗した~というコスメもコレで復活できるかも!?
メイク雑貨商品一覧を見る
現在の買い物カゴの中身

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ページトップ

Copyright(c) 2018trendtown. All Rights Reserved.