ログイン

カレンダー

2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

トレンドタウン美容研究部

トレンドタウン美容研究部TOP » 知らなきゃ損する!?「SPF」と「PA」の意味!UV対策の極意とは…!?

知らなきゃ損する!?「SPF」と「PA」の意味!UV対策の極意とは…!?

一年中を通しての紫外線対策は常識になってきた昨今。
最近ではお肌に優しい成分配合のものなどが増え、
肌がカサついてしまったり、白浮きするアイテムも昔に比べて減って来ましたね。
また、BBクリームやファンデーション、下地などのメイクアップコスメにも
紫外線カット、UVカットと記載のアイテムも増えて来ました。

さて、その時に気になるのが、「SPF○○」「PA+++」などの記載。
山田などはついつい数字の大きいものを選んでしまいがちなのですが…

そこで、ここでは単語の意味と、日焼け止めの選び方について調べて来ました!
是非参考にしてみてくださいね!

ショートカットはコチラ!! ・ちゃんと知ってた?紫外線の影響! ・勘違いに注意!SPF表示の意味はコレ! ・こちらもシッカリ覚えて欲しい!PAって?? ・使い分けが重要!正しい日焼け止めの選び方&塗り方!! ・塗るときのポイントはココ!!!







紫外線画像

ちゃんと知ってた?紫外線の影響!
紫外線(=UV)とはそもそも太陽からやってくる光の種類の事。その中で紫外線は、人体の皮膚に与える影響が強い光の事を指します。

また紫外線といっても
・紫外線A (UVA)
・紫外線B (UVB)
・紫外線C (UVC)
と3つの種類があります。

Aが有害性が少なく、Cが最も有害と言われていますが、Cは地上にはあまり届いていません。

そこで注意が必要なのが紫外線AとBなのです。

・紫外線A(UVA)って?
一年中天候に関係なく降り注ぎ、雲もガラスも通り抜けて屋内にも入ってきます。
Aの与える影響としては

・真皮まで届き、活性酸素を発生させるのでシワ・タルミの原因に。
 光老化とも呼ばれる現象を引き起こします。
・肌を褐色にさせるメラニンを作り出します。


こんな影響をあたえるものが一年中降り注いでいるなんて…!
メラニンは肌を褐色にすることで紫外線から肌を守ってくれるのですが、シミなどの原因そのものにもなります。

・紫外線B(UVB)って?
Bは、もともと地表には届かなかったのですが、
オゾン層の破壊が進み、地表にも届くようになって来ました。
一番気をつけるのは「夏場の晴天時」!!
ただし、Bについては曇りの日などは雲が遮断してくれますし、ガラスも透過しません。

また、こちらはお肌の表面にしか届きません。
が!Aに比べ有害性は100から1000倍とも!
・シミ、シワ、ソバカスや肌の乾燥などの美容面のトラブル
・免疫力の低下や皮膚病、眼病の病気との関連も…!

また、日焼けをした際の、赤みや痛み、水ぶくれになる原因でもあります。

紫外線AとBでは、Aの方が紫外線の中で9割も占めているので、アンチエイジングなどを考えると日常的にAへの対策が大事になってきます。







SPF表示の意味はこれ!!

勘違いに注意!SPF表示の意味はコレ!
さて、前おきが長くなりましたが、いよいよ本題!

SPFとは「Sun Protection Factor」の略。
ヨミカタは「サン プロテクション ファクター」で意味は「日焼け防止指数」。

紫外線Bをカットする指数がこちらになります。
数値は1から50まであります。

実は数字が示しているのは「時間」!!!

20分間なにもつけていない素肌と比べて日焼けが始まる時間をどれだけ抑制できるか、なのです。

この単位かSPF1=20分程度の抑制、と換算されます。
なのでSPF10で20分×10で200分、つまり3時間程度、
SPF25で20分×25で8時間程度、SFP50で16時間程度…となるワケ。
その時間、日焼けを抑制できてるという事になります。

ただし!!
これはお肌1cm四方の四角の中に2mgを塗った場合の測定値。
実生活でこんな量を塗ると、まっ白になってしまいますね…
お肌に日焼け止めを塗る際に、ちょっと思い出すといいかもしれません。





こちらもシッカリ覚えて欲しい!PAって??
PAとは「Protection Grade of UVA」の略。
ヨミカタは「プロテクション グレイド オブ ユーブイエー」で意味は「UVAの保護等級」。

紫外線Aをカットする指数がこちら。
数値ではなく「+」から「++++」の四段階になります。
ちなみに「++++」は2013年の1月から認定されました。
研究の結果、紫外線Aを防ぐことの重要性が上がってきたからなんです。
余談ですが、日本で生まれている規格で、日本化粧品工業会によって定められています。

こちらは時間ではなく、効果の強さを表すもの。
肌の黒化現象を防ぐ度合い=紫外線Aから守っている度合いとなります。
+の数が大きくなるほど、効果があります。

PA +    効果がある
PA ++   効果がかなりある
PA +++   効果が非常にある
PA ++++  効果が極めて高い

ちょっとざっくりとしていて、わかりにくいのですね・・・(笑)
ですが、きちんとした算定方法に基いて算出されているのでご安心を。
日常生活では+、外での活動などが多い場合は++、海や山では+++、++++を、選ぶようにしましょう。

紫外線Bに比べ、日常的に浴びている紫外線Aを
いかに防ぐことができるか、が美容の中でとても大事なのです。





使い分けが重要!正しい日焼け止めの選び方
ってことは、やっぱり普段から「SPF50 PA++++つけておけばいいじゃん!」って事?

いえいえ、そうではありません。
やはり数値や効果が強くなるほど、お肌への負担も増えてしまうんです。
日焼け止めの成分として配合される事が多い紫外線吸収剤(肌荒れの原因に…)、紫外線散乱剤(肌の乾燥を招くおそれも…)はお肌の上にずっといてもOK!という成分では無いからです。
せっかく、紫外線から肌を守っているのに、自らお肌にダメージを与えてしまう、なんて事になりかねません。

日焼け止めを選ぶ際の目安を、下にまとめてしましたので参考にしてみてくださいね!

状況 目安
日常生活 SPF10-20 PA+
屋外レジャー SPF20-30 PA++
海や山など SPF40以上 PA+++、++++

とはいえ、紫外線Aは窓ガラスなども通過して入ってきてしまうので
例えば窓側に居ることが多いなどの場合は「SPF25 PA++」に
レジャーでも屋外に一日居るときは「SPF50 PA++++」など
状況によって塗り分けてくださいね。

もちろん、その日の天候や環境でも変わりますのでいくらSPF値が高くっても、朝塗ったらオシマイ!というのはNGです!

汗を拭く、水にふれるなどで環境でも効果が落ちてしまいます。
SFP値の低いものでも1時間おきに、高いものでも2,3時間おきに塗りましょう。
配合成分によっては、そのまま乾燥を招くことになりますし、日焼け止めに一緒に配合されている水分や保湿成分を、こまめに塗ることでお肌にも優しい上に、日焼けムラを抑える事にも繋がりますよ♪





日焼け止めの塗り方

塗る時のポイントはココ!!!
・肌にムラなく伸ばす(ちょっと多いかも!ってくらいで丁度いいです) 少量を薄く伸ばしても、殆ど効果を発揮できません。
決して刷り込まないようにしましょう!
あくまでも、日焼け止めの膜を作ってあげるイメージです。

・お顔に塗る際には、頬骨のあたりだけ厚めに。 お顔で一番焼けやすい所なので、念入りに!

・値が低いものを使う時は、パウダーファンデーションなどを併用 より紫外線防止に役立ちます。

・毎日つける場合は、吸収剤不使用(ケミカルフリー表示など)の使用を これはお子様にも使える日焼け止めになります。

そして日焼け止めはきちんとオフさせることも大事なので洗顔も、身体を洗う際にも、きちんとこすらず優しくオフして、しっかり保湿などのケアをしましょう!この時、きちんと美白効果のあるアイテムでケアすることで、より一層紫外線の対策になりますよ!

UVケア商品一覧を見る
現在の買い物カゴの中身

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ページトップ

Copyright(c) 2018trendtown. All Rights Reserved.